盗忍!剛衛門設定6の実践データやグラフ

 

今回は、某オフ会系イベントに参加してきました。

しばらく様子をみて、剛衛門触って弱そうなら帰ろうかと、知り合いと剛衛門を打ち始めたところ…

 

 

 

 

知り合いの方で即6確定しました笑

 

今までにも何回か6確を打ってますので、今回はその時のグラフも一緒に載せようと思います!

 

  1. 303 変更確定
  2. 83   高設定(弱) 銀文字
  3. 137    奇数          銀文字
  4. 105    デフォルト  銀文字
  5. 179    高設定(強) 銀文字
  6. 437    偶数             銀文字
  7. 109    デフォルト  銀文字
  8. 181    高設定(強)
  9. 101    偶数            銀文字
  10. 246    高設定(強)
  11. 222    デフォルト
  12. 261    デフォルト
  13. 321    偶数           銀文字
  14. 56      高設定(強)
  15. 89      高設定(強)
  16. 169    デフォルト 銀文字
  17. 220    デフォルト
  18. 556    偶数

 

 

 

ジャグラーみたいですね笑

次に、過去に自分が参加した全台系の時のグラフになります!

 

 

 

 

 

 

 

 

設定6を打った感想と判別するときに重視すること

 

設定判別で重要と感じる部分は、全台6狙いと単品狙いで異なります。

全台狙いの場合は、終了画面だけ見てください。

今回の履歴見てもわかるように2回に1回は、銀文字でます!

朝一3台くらい500Gあたりなしなら全6はないと言い切っても良いくらい別格な挙動をします。

 

次に単品で判別する際に自分が重要視しているところは、

  • 33を超えないか
  • ART終了画面
  • 盗目ポイント
  • 超高移行

この4点になります。

 

設定6は90%以上盗目33以内が天井設定となります。

そこに自力解除を含めると、ほとんどが33を超えずに1日が終わると思います。

もちろん超えることもありますが、1回でも超えたなら黄色信号と思っていいかもしれません。

 

次に終了画面ですが、高設定示唆(弱)・高設定示唆(強)・2以上確定・456確定・6確定の5つの出現率の合計が、設定6で28%、設定1で8%になります。

もうひとつは全台狙いと同じく文字の有無になります。

確定画面や示唆画面が出やすいのが大きな判別ポイントになると思います。

 

次に盗目ポイントですが、設定6は白青黄緑で当たりやすくなっています。

色別のART当選率は、以下の通りになります。

 

 

全体的に2倍くらいの差がありますね!

 

 

最後に超高確移行ですが、剛衛門は奪盗間(番長でいう特訓)ハマりでも超高に移行します。

100G~400Gまでの振り分けがあり、振り分けの内訳は以下になります。

 

最後の奪盗間から100Gか200Gで超高に移行したら設定12の可能性は薄くなります。

逆に設定1はほぼ400Gが選ばれるので超高に移行しにくくなります。

※超高へ移行は、夜ステージに移行します。

 

以上のように、ARTが伸びるかどうかは別として、設定6はとにかく別格なので、判別せずともすぐにわかると思います。

リセットで天井短縮の恩恵もあり判別もしやすいので、剛衛門に設定を使う店では積極的に狙っていきたい機種ですね(=゚ω゚)ノ

やっと完璧な6を打てて安心してます笑

 

 

 

  1日1クリックずつ応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村


⇧スロットランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です